取締役対象ハラスメントグレーゾーン組織的対応力向上研修

-ハラスメントのない職場は役員によって作られる-

実際の職場では、あからさまなハラスメント事件はそれほど頻繁に発生しているわけではありません。現場の管理職が頭を悩ましているのは、ハラスメントになるのかどうか判断に迷うグレーゾーンなのです。
 実際に生じたグレーゾーンに対処するのは現場の管理職ですが、個々の管理職の見識で対処できる部分は非常に僅かです。また、同じようなケースなのに管理職によって判断が異なることも多く、そうなると、グレーゾーンの問題はますますこじれてしまい、職場の風通しが悪くなり、モラル低下につながっていきます。
 現場の管理職がハラスメント問題に適切に対処するためには、管理職が共通して認識し得る判断基準が必要です。
ハラスメント問題自体は法律問題ではありません。従ってその共通の判断基準は、誰かに教わって得られるものではなく、各企業がそれぞれの経営環境を踏まえながら独自に構築していかなければなりません。また、共通の判断基準が確立できれば、それはハラスメント問題の予防にもなります。

では、共通の判断基準を作るのは誰か?
それは役員です。
もちろん、役員自身が共通の判断基準の文言を考えるわけではありません。役員は、いわばオーケストラの指揮者のように、共通の判断基準の完成を目指して、その作業を指揮していくことになります。
本講義では、ハラスメント問題の本質を踏まえた上で、ハラスメントのない職場を実現するために、取締役としてどのように関与していくべきか、その役割を具体的に提示します。

PROGRAM
講義
2~3時間
カスタマイズ可

1. 役員が知っておくべき、現場のハラスメント問題の正しい理解

  • ハラスメント問題の本質
  • アンケート結果、内部通報の死角 -ハラスメント問題のグレーゾーンの影響力
  • 部長、課長が部下指導を放棄する事態
  • 部下がメンタル不調を起こすリスク
  • モラルダウンと、信用と信頼を失う上司 -ブラック企業のレッテル
  • セクハラ、パワハラの定義の正しい理解

2. ハラスメント問題のグレーゾーンの事例 現場の実態

  • セクハラ問題のグレーゾーンとその判断の仕方
  • パワハラ問題のグレーゾーンとその判断の仕方

3. ハラスメント問題防止のための役員の役割

  • ハラスメント問題に対する組織的対応の要点
  • 役員の法的責務を再考する
     -安全配慮義務違反、不法行為に基づく損害賠償 等
  • 現場の管理職に対する日常の気配り
     マネジメントクラス同士の情報共有と連携
  • 実際に生じた事例の収集
  • 判断基準の要諦
  • 情報共有の意義

4. 役員の関与すべきポイント

研修、セミナーのお問合わせは、お電話又はフォームより お知らせください。 電話番号 03-6228-6039
お問合わせフォーム

研修では滅多に扱わない、男性上司も知らない職場の女性同士のハラスメントの実態を赤裸々にご紹介します。男性上司は必読です。

ハラスメントをする人のタイプを整理すると見えてくる、大人のいじめが減らない本当の理由を明かします。

日本の職場のグレーゾーンなハラスメントの実態をシュールなマンガで描きます。 是非、息抜きにご覧ください。

組織で働くすべての人がハラスメントの本質を理解する

管理職
リーダー

ハラスメントグレーゾーン判断力向上研修

なぜ、日本の管理職はハラスメント問題に悩むのか?

セクハラ、パワハラの裁判の判例を学習しても、明らかな暴力的な行為や、真っ黒なセクハラの行為のドラマをDVDで見せても、管理職のハラスメントの理解は絶対にスッキリしません。多くの日本の管理職は、ハラスメントのグレーゾーンで悩んでいるのです。グレーゾーン問題を理解するには実はハラスメントの本質を理解することが重要です。日本初、グレーゾーンを体系的に整理し理解させます。ケーススタディを通じてグレーゾーン問題の判断力を高めます。部下指導に自信が持てます。

管理職
リーダー

ハラスメント問題特化型 労働法の基本

ハラスメントのグレーゾーン問題の対処に必要な、最低限の法令知識を習得!

ハラスメント問題のグレーゾーンを詳しく調べると、管理職が労基法の基礎的な知識 を知らなかったために、業務上の指示や命令の仕方が適正さを欠いてしまったというケースが多く見受けられます。労基法の基礎的な知識を知っていれば、パワハラ問題のグレーゾーンを回避できるということです。 パワハラ問題の本質を押さえ、日常の労務管理に関連の深い労基法の基本的な項目を正しく理解することにより、パワハラだと言われない指示、注意、指導の仕方を身に着けていただきます。

一般

新入社員・若手クラス対象 ハラスメント入門研修 

今や大学生でもほとんどの学生は「セクハラ」「パワハラ」という言葉は知っています。しかしながら、それはあくまで学生時代にワイドショーやニュースなどで聞きかじった情報に過ぎません。
彼らは雇用契約を結んだ職場(会社)における「ハラスメント」の持つ言葉の意味を本当には知りません。『会社におけるハラスメント』の正しい知識を持つことで、自己流解釈をなくし、本来、仕事をしていく上で必要不可欠な正しいハラスメントの理解を持たせます。

一般
管理職
リーダー

劇場型ハラスメント研修

-ハラスメントの本質を芝居を観て、笑って、泣いて、理解する。

ライブ映像がありますので、是非ご覧ください。

舞台でプロの役者による芝居を観ながらコンプライアンスを学ぶ劇場型ハラスメント研修。 ギスギスした職場の様子を芝居で再現し、上司と部下のどのようなやりとりがハラスメントを生む状態になるのか、舞台でプロの役者が演じていきます。

管理職
リーダー

体感!ハラスメント研修

-研修中、突然、あなたの前に、困った部下がやってきます。

女優とのインプロ(即興)によりパワハラ、セクハラの擬似体験をしていただき、ハラスメントの本質を正しく理解していないと、部下を指導できないことを身をもって体感して頂きます。
職場の仲間に失笑されるか?称賛されるか? あなた次第です。

一般
管理職
リーダー

はじめてのハラスメント相談員入門研修

-はじめてハラスメント相談員になったら受講してください。

はじめて社内のハラスメント問題に関する相談業務の担当者になった方を対象に、 相談業務のに必要な心構えから、相談の実践スキルを基礎から学習します。
実際の相談業務は奥が深く、例えば誰にも相談が出来ず悩んだ末に、覚悟を持って 相談に来られる方への対応は非常に難しい側面があります。
今回は、相談業務に必要な知識と相談対応スキルの基本を学習します。

コミュニケーションの観点からハラスメント問題と向き合う

一般
管理職

タイプ別、人間関係が楽になる対話術

職場の人間関係の悩みや不満は、どこの組織でもある、今も昔も頭の痛い問題です。
ストレスの原因のひとつですが、残念ですが、職場はサークルではありませんので、嫌いな奴、ウマが合わないから、話さない、指導したくない、という訳にも行きません。 自分と行動特性やタイプが違い部下とどのように接すれば、人間関係が楽になるのかそのヒントとコミュニケーション術を学習します。

管理職

ハラスメントを予防する解決志向のコミュニケーション法

「なんでお前はこんな仕事も出来ないんだ!」「どうしていつも営業成績が未達なんだ!」こんな上司の会話を職場から聞こえてきます。出来ない理由を100回責めても、部下は上司を嫌いになるだけです。部下も悪意があって未達な訳がありません。部下に主体的に行動して欲しいと願うならば、この会話を即辞めなければなりません。部下が上司を信頼し、主体的な行動を促すコミュニケーションの方法を学習することで、部下指導の場面においてハラスメント問題を心配することもなくなります。

管理職

部下との信頼関係を高める褒め方、叱り方、認め方

何度コーチング研修を受けても部下から信頼されない上司が実際にいます。コミュニケーション能力を磨くためには、テクニックを習得するだけでは不十分です。もっと大事なことがあります。本当に部下と信頼関係を築くために必要なことをご紹介します。このポイントが分かると、意味のない「仕方なくのあいさつ運動」が不要になります。

一般

伝えづらいことを相手に伝える技術

-勇気をもって伝える力

上司に言いにくいこと、仲間に伝えづらいこと、失敗、ミス、報告しにくいことはありませんか?
相手の性格やその場の状況、またはマイナスの情報は特に報告しづらいものです。しかし、伝えなかったことのリスク、言わなかったことで起きる職場への悪影響を避けるために、言いづらいことを相手が受け取れるように伝えるコミュニケーション術を学習します。

管理職

怒りをコントロールする技術

-指導に感情を持ち込まない大人の指導術

部下指導の際に、どうしても「怒り」の感情を相手にぶつけながら叱っていませんか?
指導すべき事実と自分の感情を分けて指導することは、実際には難しいものです。部下からパワハラ上司と呼ばれないためにも、今一度、自分の怒りの気持ちをコントロールする方法を学習し、今一度、自分の感情と向き合い、一つ上の大人の指導法を学習します。

管理職

アドラー心理学から学ぶ、
勇気をもってハラスメントをなくすコミュニケーション

-アドラーさん、職場のハラスメント問題の解決にはどんなコミュニケーションが必要ですか?

職場からハラスメントをなくす為には、私達は職場の人間関係の質の理解を深めていく為に様々なコミュニケーションスキルを学ぶことも必要です。 本講座ではアドラー心理学の代表的な、相互尊敬、相互信頼による"勇気づけ"と"共同体感覚"を学びながら、ハラスメント問題を考察することで自分自身の部下指導やメンバーとのコミュニケーションについて理解を深めます。

管理職

ハラスメント問題を身だしなみから考える

60代、50代のビジネスマナーとハラスメント-身だしなみ編

その昔、40年前に新入社員の頃にビジネスマナーを習った大人も、ベテランと呼ばれるにつれ、特にビジネスマナーを部下から指摘されることもありません。 身だしなみが徐々に崩れると、例えば臭いに代表される口臭、体臭、香水もほどが過ぎると完全に見えない暴力です。最近では、無自覚ハラスメントのカテゴリーに分類され、ハラスメント問題として扱う会社も実際にあります。ベテランの皆様を対象に、短時間で身だしなみの観点から、ご自身の態度、振る舞いをハラスメントの課題として取り上げご自身を総点検して参ります。

一般

ハラスメントの対応策を加害者の心理から考える

組織対応が遅れている会社で、職場の組織的弱者の立場にいる社員の対処法

職場で無自覚ハラスメントを行う管理職や役員が実際にいる場合、そう簡単には彼らを異動、解雇が出来ない会社が多いことも事実です。このような職場で若手は、我慢する意外ないのでしょうか?経営者の無責任体質の現れであり、若手のため息が多くの会社から聞こえてきます。 残念ですが、無自覚に、意図的にハラスメントを行う上司に対してつける薬はありません。 周囲から見放されたハラスメントを行う上司を、心理的な側面から考察します。彼らにも弱みがあり、部下側も決して怯えている必要は全くないのです。職場で彼らをやり過ごす上手な方法を学びます。(例示:「強気な態度の上司は弱みを隠すため」 「知ったかぶり上司は自分を認めて欲しい」他)

ハラスメント問題の奥に潜むメカニズムを科学する

一般
管理職

大人の成熟度

-なぜ、あの人はハラスメントをするのか?

偉そうな態度や乱暴な言葉遣いで部下を悩ませていることに気付かない50代、60代、70代。
でも、よーく見ると背中にランドセルを背負っている精神的に幼い上司、自分勝手で相手が不快に思ってもおかまいなしな上司、あなたの会社にいませんか? ハラスメントをする人を考えるときに、年齢は無関係です。人間としてどの程度成熟しているか、相手の精神年齢や心の幼さを見ることが大切です。年齢やポストは無関係です。

一般
管理職

パワハラをする人の心理学

-なぜ、あなたはそんなに部下をいじめたいのか?

職場のハラスメント問題を、行動心理学、犯罪心理学の観点からメカニズムを解説し、ハラスメントの奥にひそむものを学びます。

一般
管理職

大学職員、教授特化型ハラスメント研修

学校(小学校、中学校、高校)、大学職員、教授対象

民間企業で行われているハラスメント対策と問題への対応方法と、ハラスメントリスクを理解し、メンタルヘルスの学習を行います。モンスターペアレンツの問題から、クレーム対応のご要望にも対応します。

会社案内   代表挨拶   研修講師   モヤハラ®とは?   お問い合わせ   
Copyright(C) Impression Learning Co., Ltd. All Rights Reserved.