今月のハラスメント研修企画担当者に読んで欲しいお薦めの1冊
面倒くさい女たち
河合 薫 氏 (中公新書ラクレ)
東京大学
大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を ご卒業後、全日本空輸入社。気象予報士としてテレビ朝日系
「ニュースステーション」などに出演なさいました。
「人の働き方は環境がつくる」をテーマに学術研究に関わるとともに
講演や執筆活動をされています。

きっと視野が広がる1冊です。
是非、ご一読ください。
内容をご紹介します。

「イケメンに職場活性効果アリ?」とのアンケート調査の記事が公開され、男性たちからいっせいにブーイングが起きたことがありました。
「男性には、これくらい言っても大丈夫」「男性は、こんなことを気にしない」「男性は強くて当たり前」「男性は心が広くて当たり前」・・・。イケメンを美人に置き換えて男性にアンケートしたらセクハラと大バッシングされるのに、なぜか女性には許される現実が、ここに存在するのです。
(中略)
女性の場合には「お茶を入れる」のを求めるだけでセクハラになるのに、男性の場合は「男らしさ」を求める声が「期待」になる。女性であれば「そりゃ。問題だ!」と周りも騒ぐが、男性の場合は「まぁ、うまくやれよ」と諭されるのがオチ。
男児がそうだったように、オトナの男性たちもまたジェンダー・ブラインドのプレッシャーにさらされていました。
(中略)
女性の社会進出が男性の悲鳴につながるとは、なんとも皮肉です。「男だから」弱音を吐かず、長時間労働に耐え、競争社会に翻弄される。
「人は女に生まれるものではない。女になるのだ」とはシモーヌ・ド・ボーヴォワールの有名な言葉ですが、男もまた「男に生まれるのではなく、男になる」。女性たちが「女」を演じきれず「女らしくない」と批判される悔しさを「男」たちも味わっています。
 (中略)
男性たちの声にならない声にも気づく、しなやかさを持ってほしいのです。と同時に、男女二分法のジェンダー・ストレオタイプは、性的マイノリティーの人たちの生きづらさをもたらしていることも、忘れないでほしいです。

ハラスメント研修の企画をしている際に、セクハラは男性から女性のみならず、女性から男性、同性同士といった相対性でモノを見る説明が一般的であり、ここに昭和的なステレオな解説に違和感を私は感じています。
セクハラの事例も、男性から女性へのセクハラ行為が典型的な事例として取り上げられます。なぜ、同性同士のハラスメント、男性から女性へのハラスメントも同列に、取り上げられないのでしょうか?
一人の人間として男女の切り口から性的ないじめをなくすというシンプルな本質に立ち返って考えることが求められていると思います。このような本質に再定義し解説することが求められています。

河合さんの「男女二分法のジェンダー・ストレオタイプは、性的マイノリティーの人たちの生きづらさをもたらしている」この説明は、まさにハラスメント研修企画担当者として、会社の研修を通じて受講生に問題提起すべき重要な論点だと大変共感しました。
文責(藤山晴久)

目次
第1章 なぜ、女性上司は、女性部下に厳しいのか?
第2章 なぜ、女性政治家は失敗するのか?
第3章 なぜ、女はセクハラにノー!と言えないのか?
第4章 なぜ、女は相談にきて怒るのか?
第5章 なぜ、女の会議は長いのか?
第6章 なぜ、女のほうがしぶといのか?
第7章 「ババアってるよ」と笑えるために

引用出典:面倒くさい女たち(中公新書ラクレ)

会社案内   代表挨拶   研修講師   モヤハラ®とは?   お問い合わせ   
Copyright(C) Impression Learning Co., Ltd. All Rights Reserved.